食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

令和元年度神戸肉枝肉共励会、名誉賞はみらいファーム

 神戸肉流通推進協議会主催の令和元年度第214回神戸肉枝肉共励会が2日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。この日のために丹念に肥育された但馬牛100頭(去勢63頭、雌37頭)の中から、栄えある名誉賞はみらいファーム(株)の出品牛が獲得した。成績はBMS No.12、A5等級の去勢牛で枝肉重量422.4kg、ロースしん面積74平方cm、バラ厚7.7cm。枝肉せりでは6,005円で神戸プレージールが買い受けた。名誉賞を獲得したみらいファームは伊藤ハムグループの牧場であり、全国に散らばる提携農家の飼養頭数は1万頭を超える。
 今回、名誉賞を獲得した(有)井寄牧場の井寄孝良さんは丹羽市で黒毛和牛1,250頭(うち、但馬牛は250頭)を飼養する肥育農家。今回、出荷した2頭が名誉賞と優秀賞に輝く見事な結果に対して「大きな期待をしていたわけではなく、非常に驚いている。それでも、(厳しい経営環境の中)受賞は励みになるし、うれしく思っている。今後も、ロースしんの大きな牛をつくっていきたい」と受賞の喜びを語った。全体の格付は5等級が57頭、4等級が39頭、全体の96%が肉質4等級を記録するなど前回成績(上物率91%)を上回る良質な枝肉がそろった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

牛肉相場は年内強もちあいか、輸入ビーフの現地高続く

 9月は20日、23日の2度の祝日を迎える今週が消費のピークと思われ、それに向けて手当てが進められた。曜日の並びとしてはそこまで良くはないが、コロナ感染が拡大していた盆休を避け、この時期に旅行や帰省を行う人もいるとみられることから、大幅な消...
More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top