山本農相、国内の鳥インフルエンザ「スピード感をもって対応」

 山本農相は6日の閣議後会見で国内の鳥インフルエンザについて青森県、新潟県において計4事例発生していることを報告し「農水省としては、県、関係府省庁などと連携し、周辺農場の異状の有無の監視、早期通報や予防対策の徹底などを引き続き、スピード感をもって対応してまいりたい」と述べ、野鳥などからウイルスが検出に注意していく考えを示した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする