食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

「とちぎの食肉まつり2016」開催、8千人以上来場し大盛況

 とちぎの食肉まつり実行委員会(渡邉秀夫実行委員長)は、3〜4日の2日間にわたり、宇都宮市の城址公園で「とちぎの食肉まつり 2016」を開催した。今回は24社・団体が出展。会場ではとちぎ和牛などの食肉を使用したメニューの提供や食肉の販売が行われ、試食エリアやショッピングエリアでは長蛇の列ができるなど、両日合わせて8千人以上が来場し大盛況となった。3日午前10時からは開会セレモニーが行われ、栃木県食肉生衛組合の加賀田敏雄理事長は「とちぎ和牛、栃木県産豚肉、滝沢ハムのウインナーなど盛りだくさんの食肉を楽しんでもらいたい」と来場者へ呼びかけ、渡邉実行委員長は「とちぎの食肉まつりは、栃木県産畜産物の安全・安心の啓もうと、消費拡大を目ざしたイベント。皆さまにおいしくて安全な食肉を味わってもらいたい」とあいさつした。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top