食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

ツカコムがハム・ソー原料肉の加工方法と装置で特許装置を発表

 (株)ツカコム(本社=千葉県鎌ケ谷市、手塚要一社長)は、単味品製造の更なる時短と省スペース化を実現する二つの特許案件を公表した。
 1件目は昨年5月に発表した「エアーインジェクター」(写真)の両面打ちタイプ。特許公開時(公開番号2014-76040)と実機発表では片面打ちでの公開としたが、今回は表・裏両側から注入できるもの。これにより片面タイプより原料積載部が短くなり、エアーガスの注入ポンプも小さくて済むので更なる小型化を実現した。「エアーインジェクター」は、原料肉にピックル液を注入する前に肉塊にエアーガスを注入し、その膨張力で肉繊維を拡張させたあとピックル液を注入する装置。この発明技術により、従来に比べはるかに速いスピード(同社比約1/2)でハム・ソーピックル液や調味液を均一に分散・浸透させることができるという。仕上がりについても肉質感にあふれ、ふんわりとしており、口当たりはしっとりなめらかで高級ギフトにも十分対応できる製品が出来上がる。
 二件目は「原料肉のマッサージ装置」(公開番号2013-106526)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top