食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「2022数字でみる食肉産業」発刊、食肉に関するデータを網羅

 食肉通信社では、食肉業界の皆さまから多大な評価をちょうだいしている「数字でみる食肉産業」の2022年版をこのほど発刊いたしました。

 「2022数字でみる食肉産業」では、食肉産業に関係するさまざまな関連資料、統計資料をまとめております。わが国のみならず世界各地の近年の現在の情勢、過去からの推移などを網羅的に把握できる書籍となっております。

 さまざまに変化する時代や環境に対応するには、正確なデータに基づく将来の見通しが欠かせない要件です。本書は情報を正確に把握し、対応を見極める一助となります。内容は、複数の項目で構成されており、ここで各項目の主題の一部を紹介します。

【食肉需給と見通し】 

食肉需給量の推移や自給率関連。

【食肉生産の動向】 

全国各地のと畜頭数の推移や枝肉生産量の推移、と畜場の分布・流通量。格付実績。

【家畜と生産】 

家畜飼養頭羽数・飼養戸数の推移、SPF種豚と認定工場の分布、家畜の生産費。

【飼料の動向】 

配合・混合飼料の生産量、配合飼料価格の動向、近年の飼料穀物の輸入状況、配合飼料価格安定制度の概要。

【食肉輸入の推移】

食肉の輸入数量および金額の推移、種類別・輸入先国別輸入量、米国・豪州の牛枝肉カットチャート。

【在庫・出回り量】

牛・豚・鶏肉需給と在庫、出回り量。

【食肉消費と支出金額】

世帯別の肉類支出金額・購入数量、食肉の消費構成割合。

【食肉価格の推移】

国産・輸入牛・豚・鶏肉価格の推移。

【食肉加工品の動向】

食肉加工品の年次別全国生産量、POS売れ筋ランキング、主要食肉加工メーカー業績、種類別輸入先国別輸入量。

【外食の動向】

外食市場規模の推移、業態別売上動向。

【世界の食肉統計】

主要国の牛・豚・鶏・その他の生産量・消費量・輸出入量、フィードロットの動向、パッカーランキング。

書籍概要

「2022数字でみる食肉産業」

体裁 B5判472ページ。

定価 4191円(税込み、送料別)

 B5判で文字もみやすく、充実したデータ本となっております。企業経営上の基礎資料、部門戦略の検討資料、新入社員の社内研修用テキストなど、幅広くご利用いただいています。お早めのご購入をお勧めいたします。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top