食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。
 飼料穀物については、とうもろこしのシカゴ定期は、ロシアのウクライナ侵攻により3月には750セント/bu前後まで急騰した。さらに、米国における作付遅延などから、4月下旬には820セント/bu前後まで上昇したが、その後は米国における作付けが順調に進んだことなどから下落し、現在は770セント/bu前後となっている。今後は、北米・南米の天候に左右されるものの、需給は世界的に引き締まった状態が続くことから、相場は堅調に推移するものと見込まれる。
 大豆かすについては、シカゴ定期は、3月には500ドル/t台で推移していたが、米国において、バイオディーゼル向け大豆油需要の高まりにより副産物である大豆かすの発生量が増加し、需給が緩和していることなどから下落し、現在は470ドル/t前後となっている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top