食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

伊藤ハムと米久がハム・ソーセージ・調理加工食品を3~30%値上げ

 伊藤ハム米久は、10月1日からハム・ソーセージおよび調理加工食品の納品価格改定をそれぞれ実施する。世界的な食料需給ひっ迫や不安定な国際情勢を背景に、インフレーションや円安が一段と進行し、ハム・ソーセージおよび調理加工食品の主原料である畜肉や補助原料である小麦粉、チーズなどの価格高騰が継続しており、今後もさらに上昇することが見込まれる。また、燃料価格上昇によるエネルギーコストも著しく増加している。両社ではこのような厳しい環境の中、全社をあげて効率化・合理化を推進し、コストの抑制に努めてきたが、企業努力だけではコスト上昇分すべてを吸収することはきわめて困難な状況となった。このため、品質のさらなる向上や安全・安心な商品を届けるために、納品価格の改定および商品規格の変更を次のとおり実施する。
 【伊藤ハム】価格改定商品 ハム・ソーセージ、調理加工食品221品目▽内訳 家庭用ハム・ソーセージ110品目、家庭用調理加工食品51品目、業務用商品60品目▽価格改定内容 商品規格変更および納品価格改定(改定率3~30%)▽価格改定日 10月1日から。
 【米久】価格改定商品 ハム・ソーセージ、調理加工食品70品目▽内訳 家庭用ハム・ソーセージ16品目、家庭用調理加工食品22品目、業務用商品32品目▽価格改定内容 商品規格変更および納品価格改定(改定率3~30%)▽価格改定日 10 月1日から。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top