食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

米久春の新商品、大地のハーブ鶏使用の「和風からあげ」発売

 米久は20日から2017年春の新商品を順時発売する。それぞれの概要(食肉速報に掲載)は次のとおり。(価格はすべて税抜き)
 「大地のハーブ鶏使用国産若鶏 和風からあげ」(230g・300円、写真)は、米久のブランドチキン「大地のハーブ鶏」を使用。ハーブを配合したオリジナル飼料を与えて育てた、くさみが少なく、あっさりしているのにうま味のある鶏肉だ。しょうゆ、しょうが、にんにくを利かせた和風味に仕上げた。こだわりの衣付け製法により、トースターで温めるだけで、さっくり食感のからあげが楽しめる。「切れてる炭火焼チキンステーキ」(110g・220円)は、やわらかい若鶏の上もも肉のみを使用し、炭火で香ばしく焼き上げている。てりやき味のたれが肉の中までしみ込んでいて、ごはんはもちろん、野菜、パン、麺、どれと組み合わせても相性抜群。食べやすい大きさにカットしてあるので、湯せんや電子レンジで温めるだけで、ごはんのおかず、酒のつまみ、弁当など幅広く使うことができる。

◆行政・統計

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

中央畜産会、「全国優良畜産経営管理技術発表会」を開催

 「令和3年度全国優良畜産経営管理技術発表会」が26日、公益㈳中央畜産会の主催で実施された。同発表会は、第61回農林水産祭の一環として開催されており、畜産経営の表彰としてはわが国を代表する行事といえる。畜産経営の優秀な事例を称えるとともに、...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

日本ハムが来年2月1日から商品規格変更および価格改定

 日本ハムは1日、2022年2月1日から主力商品の「シャウエッセン」など、一部商品の規格変更および納品価格の改定を実施することを発表した。  価格改定の主な要因は、ハム・ソーセージおよび加工食品の主原料や小麦粉・食用油などの副資材の高騰。昨...
More
Return Top