食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

食肉加工4団体総会、組合員相互の事業推進での協力を求める

 一般(社)日本食肉加工協会、日本ハム・ソーセージ工業協同組合、ハム・ソーセージ類公正取引協議会、一般(社)食肉科学技術研究会の食肉加工4団体は30日、東京都港区の浜松町東京會舘で合同総会を開催した。
 各団体を代表して末澤壽一理事長は、「景気は回復基調にある中、外需関係は為替等で上向いているが、内需に関しては、まだ不透明感があるように思われ、消費者の購買意欲を高める商品開発が重要となる。少子高齢化や労働力不足がメーカーをはじめ流通関係者の課題となる中、TPPや原料原産地表示、またHACCPや2019年の消費税の見直しなど、さまざまな課題に対して柔軟性が求められる。またTPPの展開に関しても食品メーカーは、さまざまな対応が求められる。また、原料原産地表示については、消費者に適切な情報を提供することが重要」と指摘。
 そのうえで「HACCPは基本的に日ごろからしっかりと業務を行い、国際基準と国内基準を認識していれば問題はない。今後は時代の変化に準備して対応することが重要となる。そのためにもハム・ソーセージ4団体は、今まで以上の連携と団結によって事業運営を行っていく」と組合員相互の事業推進での協力を求めた。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top