食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

飛騨ミート肉牛枝肉共、最優秀賞牛は丸明が8,197円で落札


 飛騨ミート農業協同組合連合会(岐阜県高山市、駒屋廣行代表理事会長)主催の第13回飛騨ミート地方卸売市場牛肉枝肉共進会が4月12日、岐阜県高山市の同市場で開催された。黒毛和種139頭(去勢114頭、雌25頭)の中から政井正則さんの出品牛が最優秀賞を獲得。表彰式後の枝肉せりで(株)丸明がキロあたり8,197円(税込)で買い受けた。ことしで13年目となる同共進会は、飛騨牛の一層のブランド化推進と農家の生産意欲向上を目的に、毎年4月に開催されている。ことしも選りすぐりの上質な黒毛和牛が出品され、県内各地の飛騨牛生産農家が日頃の牛作りの成果を競った。出品牛の平均枝肉重量は雌437.5キロ、去勢506.2キロ。格付は5等級が93頭、4等級が38頭で全体の94.2%が肉質4等級以上で占められ、そのうちBMS№12が13頭、№11が8頭、№10が19頭と飛騨牛の大型共進会にふさわしいハイレベルな牛枝肉がそろった。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top