食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

花木工業つくば技術センター新常総工場の竣工式を挙行


 花木工業(株)は9月29日、茨城県常総市坂手にかねてより建設を進めていた新工場「花木工業つくば技術センター 新常総工場」の第一期工事が無事完成し、今後の順調な発展と無事故作業、無災害を祈念して竣工式を開いた。祝賀会はオークラフロンティアホテルに会場を移して、関係者300人が新工場完成を祝った。
 同社は茨城県坂東市に製造工場である「花木工業つくば技術センター」を保有しており、花木工業製品のほとんどをこの工場で設計および製造していた。近年、大型案件の受注に伴う生産能力の増強と新規機械の開発のため、既存工場が手狭になったことから同県常総市に新たに土地を購入し、建設に着手した。新工場建設のために2015年6月常総市板手に新工場建設用地購入を決定し、土地改良工事等開発行為を経て2017年10月地鎮祭を執り行った。その間工場周辺の用地購入がさらに進み現在では敷地面積は約1万4,000平方mとなっており、工場面積は約2,650平方mとなった。その後、順調に建設が進められ、第1期工事分は本年7月末をもって引き渡しを受け、部門ごとの整備を行っている。既存の坂東工場については、第2工場は倉庫として利用し、第1工場については一部製造機能を残したまま倉庫兼小工場としての活用などが検討されている。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top