食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

花木工業つくば技術センター新常総工場の竣工式を挙行


 花木工業(株)は9月29日、茨城県常総市坂手にかねてより建設を進めていた新工場「花木工業つくば技術センター 新常総工場」の第一期工事が無事完成し、今後の順調な発展と無事故作業、無災害を祈念して竣工式を開いた。祝賀会はオークラフロンティアホテルに会場を移して、関係者300人が新工場完成を祝った。
 同社は茨城県坂東市に製造工場である「花木工業つくば技術センター」を保有しており、花木工業製品のほとんどをこの工場で設計および製造していた。近年、大型案件の受注に伴う生産能力の増強と新規機械の開発のため、既存工場が手狭になったことから同県常総市に新たに土地を購入し、建設に着手した。新工場建設のために2015年6月常総市板手に新工場建設用地購入を決定し、土地改良工事等開発行為を経て2017年10月地鎮祭を執り行った。その間工場周辺の用地購入がさらに進み現在では敷地面積は約1万4,000平方mとなっており、工場面積は約2,650平方mとなった。その後、順調に建設が進められ、第1期工事分は本年7月末をもって引き渡しを受け、部門ごとの整備を行っている。既存の坂東工場については、第2工場は倉庫として利用し、第1工場については一部製造機能を残したまま倉庫兼小工場としての活用などが検討されている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加え...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top