食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

兵庫畜産第100回記念共進会、名誉賞には上田さん、太田さん


 兵庫県畜産共進会第100回記念大会(主催=JA全農兵庫)が28日、神戸市北区の「道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」で開催された。初開催が1909年(明治42年)という歴史ある共進会で、世界的ブランド「神戸ビーフ」「但馬牛」の最高峰を決める大会。現在でも生体審査が行われる数少ない共進会で、とくに生産者にとっては憧れのひのき舞台といえる。種牛の部と肉牛の部からなっており今回、種牛の部は雌1区21頭、雌2区22頭の計43頭、肉牛の部は雌15頭、去勢49頭の計64頭が出品された。
 今回、100回記念ということもあって注目度は高く、当日は神戸市の久元喜造市長も激励に駆けつけた。審査の結果、名誉賞・農林水産大臣賞に、種牛の部では上田伸也さん出品牛を選出。生涯に1度でも受賞すれば栄誉ある賞だが、上田さんは今回で通算8度目の受賞となった。肉牛の部では太田克典さん出品の去勢牛を選出。太田さんも過去、3連覇を含む4度の名誉賞に輝いており、今回で5度目。この太田さん出品の肉牛は、午後に開かれたせり市で神戸市中央区の老舗ステーキハウス「モーリヤ」に、1031万円の歴代最高値で落札された。過去最高は第88回(06年)の1千万1千円。また、団体優勝は種牛の部がJAたじま、準優勝がJA淡路日の出。肉牛の部がJAたじま、準優勝がJAみのりだった。

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

丸大食品が、酢の酸味がたまらない「酸辣湯」を発売

 丸大食品は、春季新商品として「酸辣湯」(サンラータン)を発売した。夏に食べたくなる商品として、「辛味のある料理」に次いで人気が高まっているのが「酸味のある料理」。そこで、今回はピリ辛さの中にも酢の酸味が感じられる酸辣湯を新発売した。 鶏肉...
More
Return Top