食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

兵庫畜産第100回記念共進会、名誉賞には上田さん、太田さん


 兵庫県畜産共進会第100回記念大会(主催=JA全農兵庫)が28日、神戸市北区の「道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」で開催された。初開催が1909年(明治42年)という歴史ある共進会で、世界的ブランド「神戸ビーフ」「但馬牛」の最高峰を決める大会。現在でも生体審査が行われる数少ない共進会で、とくに生産者にとっては憧れのひのき舞台といえる。種牛の部と肉牛の部からなっており今回、種牛の部は雌1区21頭、雌2区22頭の計43頭、肉牛の部は雌15頭、去勢49頭の計64頭が出品された。
 今回、100回記念ということもあって注目度は高く、当日は神戸市の久元喜造市長も激励に駆けつけた。審査の結果、名誉賞・農林水産大臣賞に、種牛の部では上田伸也さん出品牛を選出。生涯に1度でも受賞すれば栄誉ある賞だが、上田さんは今回で通算8度目の受賞となった。肉牛の部では太田克典さん出品の去勢牛を選出。太田さんも過去、3連覇を含む4度の名誉賞に輝いており、今回で5度目。この太田さん出品の肉牛は、午後に開かれたせり市で神戸市中央区の老舗ステーキハウス「モーリヤ」に、1031万円の歴代最高値で落札された。過去最高は第88回(06年)の1千万1千円。また、団体優勝は種牛の部がJAたじま、準優勝がJA淡路日の出。肉牛の部がJAたじま、準優勝がJAみのりだった。

◆行政・統計

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

肉牛・豚の経営体数5年前から2割超減—20年センサス

 農水省はこのほど、2020年農林業センサス結果の概要(確定値)を取りまとめ、公表した。それによると、令和2年2月1日現在で、全国の肉用牛飼養経営体数は4万78経営体となり、5年前に比べ21.4%(1万896経営体)減、飼養頭数は225万8...
More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比6.9%増

 農畜産業振興機構が発表した3月分の豚肉需給動向によると、推定出回り量は15万5,103t(前年同月比6.9%増)と前年を上回った。このうち、国産品は8万2,627t(6.6%増)、輸入品は7万2,476t(7.2%増)と、ともに増加した。
More

◆製品

More
Return Top