食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

[牛・豚・鶏肉需給予測]12月生産量は牛と鶏が減少、豚は増加


 農畜産業振興機構は26日、11、12月の牛・豚肉の需給予測を発表した。
 それによると牛肉の11、12月の生産量は3万3100t(前年同月比0.2%増)、3万1400t(1.7%減)との予測となった。
 品種別出荷頭数は11月が和牛(1.2%増)と交雑種(2.5%増)が前年実績を上回る予測で、乳用種が(3.6%減)あ前年実績を下回る予測となった。
 12月は和牛が(1.9%増)と増加となったものの、交雑種(1.6%減)、乳用種(8.5%減)が減少と予測した。

◆行政・統計

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

農水省が「♯元気いただきますプロジェクト」スタート

 農水省は、牛肉など新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が顕著な品目について、販売を促進するために国産農林水産物等販売促進緊急対策を実施しており、その名称を「♯元気いただきますプロジェクト」に決定した。ロゴマーク(写真)も決定するととも...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top