食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

[牛・豚・鶏肉需給予測]12月生産量は牛と鶏が減少、豚は増加


 農畜産業振興機構は26日、11、12月の牛・豚肉の需給予測を発表した。
 それによると牛肉の11、12月の生産量は3万3100t(前年同月比0.2%増)、3万1400t(1.7%減)との予測となった。
 品種別出荷頭数は11月が和牛(1.2%増)と交雑種(2.5%増)が前年実績を上回る予測で、乳用種が(3.6%減)あ前年実績を下回る予測となった。
 12月は和牛が(1.9%増)と増加となったものの、交雑種(1.6%減)、乳用種(8.5%減)が減少と予測した。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top