食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

食肉流通センターが「新部分肉流通施設の基本計画」を決定


 (公財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)は29日、東京・千代田区の糖業会館で理事会を開き、「新部分肉流通施設の基本計画」を決定した。
 同センターは、部分肉の適正かつ合理的な流通を促進するための事業を行うため、川崎と大阪の2カ所に食肉の卸売取引施設を保有し、食肉卸売事業者などに施設を賃貸する事業を行っているが、「新部分肉流通施設の基本計画」によると、川崎市東扇島の同センターにおいて6棟あるうち老朽化の著しいA棟・B棟の2棟を取り壊し、食肉流通の変化、衛生規制の強化などに対応した新たな部分肉流通施設を1棟建築するとした。新棟は、同センター正門近くの駐車場を活用して建設を行い、建物面積はA棟・B棟を合わせた面積より3割ほど大きくなる見込み。2020年秋ごろから工事を始め、2022年春ごろの竣工を予定しており、新規の入居も受け付けている。

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top