食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

食肉流通センターが「新部分肉流通施設の基本計画」を決定


 (公財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)は29日、東京・千代田区の糖業会館で理事会を開き、「新部分肉流通施設の基本計画」を決定した。
 同センターは、部分肉の適正かつ合理的な流通を促進するための事業を行うため、川崎と大阪の2カ所に食肉の卸売取引施設を保有し、食肉卸売事業者などに施設を賃貸する事業を行っているが、「新部分肉流通施設の基本計画」によると、川崎市東扇島の同センターにおいて6棟あるうち老朽化の著しいA棟・B棟の2棟を取り壊し、食肉流通の変化、衛生規制の強化などに対応した新たな部分肉流通施設を1棟建築するとした。新棟は、同センター正門近くの駐車場を活用して建設を行い、建物面積はA棟・B棟を合わせた面積より3割ほど大きくなる見込み。2020年秋ごろから工事を始め、2022年春ごろの竣工を予定しており、新規の入居も受け付けている。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top