食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

1月の食肉加工品生産量わずかに前年下回る—ベーコン類は好調


 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成31年1月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は3万8,293t(前年同月比0.5%減)と、わずかながら前年を下回った。昨年6月以降、10月を除いて減少が続いている。1月の生産量が最も大きくダウンしたのはソーセージ類で、生産量の大宗を占めるウインナーが1万7,571t(2.2%減)と落ち込み、ソーセージ類全体の生産量も2万2,735t(1.6%減)と振るわなかった。最も伸びたのはベーコン類の6,974t(5.2%増)で、4カ月連続増加した。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top