食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

スターゼンが肉豚生産事業を拡大、栗原農場の第2期工事を開始

 スターゼンの持分法適用会社である(株)美保野ポーク(株式持分比率:スターゼン50%、フィード・ワン50%)のグループ農場、(株)栗原農場が2018年11月に(株)栗駒ファームと(株)金成ファームを吸収分割により承継している。
 栗原農場は肉豚生産事業拡大に向け約30億円の投資により、2期にわたる設備改修工事に着手している。このほど、第1期工事を終了し、19年7月からは、肉豚の増産に向けた大規模増築を行う第2期工事を開始する。なお、第2期工事完了後の(株)栗原農場による出荷頭数は、工事前の2,050頭/月間から、2020年11月までに3,880頭/月間まで増える見込み。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top