食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

スターゼンが肉豚生産事業を拡大、栗原農場の第2期工事を開始

 スターゼンの持分法適用会社である(株)美保野ポーク(株式持分比率:スターゼン50%、フィード・ワン50%)のグループ農場、(株)栗原農場が2018年11月に(株)栗駒ファームと(株)金成ファームを吸収分割により承継している。
 栗原農場は肉豚生産事業拡大に向け約30億円の投資により、2期にわたる設備改修工事に着手している。このほど、第1期工事を終了し、19年7月からは、肉豚の増産に向けた大規模増築を行う第2期工事を開始する。なお、第2期工事完了後の(株)栗原農場による出荷頭数は、工事前の2,050頭/月間から、2020年11月までに3,880頭/月間まで増える見込み。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top