食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

総合的なTPP等関連政策大綱を改訂、今秋をメドに

 日米貿易協定の最終合意を受けて政府のTPP等総合対策本部は1日、今秋をメドに、「総合的なTPP等関連政策大綱」を改訂することを決定した。
 本部は早期署名に向けて作業を進めるとともに、今回の合意内容や意義などについて国民への説明を丁寧に行うほか、経済効果分析も含め、同協定の効果を最大限に生かすために必要な政策の検討に着手。具体的には、TPP11、日欧EPAの発効後の動向も踏まえた政策を改めて体系的に整理し、前回の決定から2年経過した「総合的なTPP等関連政策大綱」を改訂することとするとしている。

◆行政・統計

[食肉流通統計・5月]豚と畜頭数は前年比4.9%減

[食肉流通統計・5月]豚と畜頭数は前年比4.9%減

 農水省統計部が発表した5月の食肉流通統計によると、全国の豚と畜頭数は、前年同月比4.9%減の128万9,659頭と前年同月より減少した。 豚卸売価格(省令)は前年同月より5.8%高の623円。東京は4.3%高の631円、大阪は6.3%高の...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top