食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

全農共励会、キロ単価8,012円で小川畜産興業(株)が落札

 JA全農は3日、東京食肉市場で令和2年全農肉牛枝肉共励会を開催。黒毛和種269頭(去勢192頭、雌77頭)、交雑牛31頭の計300頭が上場され、名誉賞には(同)村田ファーム(宮城県)の出品牛(和牛去勢、A5、枝肉重量600kg、BMS No.12、ロース芯面積107平方cm、バラの厚さ9.3cm)が輝き、小川畜産興業(株)がキロ単価8,012円で落札した。また、和牛去勢の部の最優秀賞には澁澤畜産(株)(茨城県)の出品牛(和牛去勢、A5、589kg、BMS No.12、111平方cm、9.8cm)が受賞し、(株)スズチクがキロ単価5,015円で購入。新型コロナウイルスの影響で牛枝肉価格が低迷して以降、同市場ではもっとも高単価の枝肉が出た共励会となり、幕を閉じた。
 審査講評では、日本食肉格付協会の芳野陽一郎専務理事が「全体的にハイレベルであった共励会に間違いはない」と評し、名誉賞の枝肉については「枝重は充実し、カタ、モモ、ロースともにバランスが良かった。脂肪交雑もまんべんなくしっかりとサシが入り、見事な枝肉だった」とした。一方、和牛去勢の最優秀賞については「今大会最長のロース芯を持ち、名誉賞の候補に上がるほどだった」とギリギリまで名誉賞の称号を競ったことを明かした。なお、そのほかの上位入賞者は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

畜産課長会議を開催、各課が来年度予算などを説明—農水省

畜産課長会議を開催、各課が来年度予算などを説明—農水省

 農水省は22日、各都道府県の畜産担当者や地方農政局、畜産関係団体などの関係者がオンラインで参加する中、令和2年度全国畜産課長会議を開催。各課の令和3年度予算などについて説明した。 食肉鶏卵課は、家畜・食肉の流通体制の強化(予算概算決定額=...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

More
Return Top