食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

全農共励会、キロ単価8,012円で小川畜産興業(株)が落札

 JA全農は3日、東京食肉市場で令和2年全農肉牛枝肉共励会を開催。黒毛和種269頭(去勢192頭、雌77頭)、交雑牛31頭の計300頭が上場され、名誉賞には(同)村田ファーム(宮城県)の出品牛(和牛去勢、A5、枝肉重量600kg、BMS No.12、ロース芯面積107平方cm、バラの厚さ9.3cm)が輝き、小川畜産興業(株)がキロ単価8,012円で落札した。また、和牛去勢の部の最優秀賞には澁澤畜産(株)(茨城県)の出品牛(和牛去勢、A5、589kg、BMS No.12、111平方cm、9.8cm)が受賞し、(株)スズチクがキロ単価5,015円で購入。新型コロナウイルスの影響で牛枝肉価格が低迷して以降、同市場ではもっとも高単価の枝肉が出た共励会となり、幕を閉じた。
 審査講評では、日本食肉格付協会の芳野陽一郎専務理事が「全体的にハイレベルであった共励会に間違いはない」と評し、名誉賞の枝肉については「枝重は充実し、カタ、モモ、ロースともにバランスが良かった。脂肪交雑もまんべんなくしっかりとサシが入り、見事な枝肉だった」とした。一方、和牛去勢の最優秀賞については「今大会最長のロース芯を持ち、名誉賞の候補に上がるほどだった」とギリギリまで名誉賞の称号を競ったことを明かした。なお、そのほかの上位入賞者は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ...
More

◆製品

More
Return Top