食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

2月以降の食肉消費は好調、コロナで内食喚起—上半期家計調査

 

 総務省統計局公表の家計調査報告から令和2年上半期の消費市場を分析すると、肉類支出は新型コロナの影響により内食需要が増加し、牛・豚・鶏肉、ハム・ソーセージすべてで増加となった。
 牛肉の家計支出は1月に前年割れとなったものの、3月以降2ケタ増となった。とくに5月は金額、量とも前年同月比3割増に迫る急増となり、金額は上半期計で11・8%増となった。消費者は外食を控える動きがあり、牛肉在庫が積み上がる事態となったため、卸では投げ売りもみられた。豚肉も牛肉同様、1月のみ減少となったが、以降増加を続け、金額は上半期計で10・9%増となった。新型コロナは消費者に将来への不安を与え、生活防衛意識の高まりから単価の安い品物を選ぶ傾向が増えている面もある。牛肉と比べ単価の安い豚肉は、投げ売りなどがなくとも安定的な需要が今後も続くとみられる。現在、不幸中の幸いでコロナにより人の移動が控えられたことから疾病リスクも大幅に減少しており、消費も堅調で一時の最悪期から脱したといっていいだろう。鶏肉も牛・豚肉同様、2月から増加に転じたが、4月の購入量は前年同月比3割以上の増加となった。外食はおろか、花見も自粛され、家庭で鶏肉を楽しむ消費者が増えたことがうかがえる。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top