食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

2月以降の食肉消費は好調、コロナで内食喚起—上半期家計調査

 

 総務省統計局公表の家計調査報告から令和2年上半期の消費市場を分析すると、肉類支出は新型コロナの影響により内食需要が増加し、牛・豚・鶏肉、ハム・ソーセージすべてで増加となった。
 牛肉の家計支出は1月に前年割れとなったものの、3月以降2ケタ増となった。とくに5月は金額、量とも前年同月比3割増に迫る急増となり、金額は上半期計で11・8%増となった。消費者は外食を控える動きがあり、牛肉在庫が積み上がる事態となったため、卸では投げ売りもみられた。豚肉も牛肉同様、1月のみ減少となったが、以降増加を続け、金額は上半期計で10・9%増となった。新型コロナは消費者に将来への不安を与え、生活防衛意識の高まりから単価の安い品物を選ぶ傾向が増えている面もある。牛肉と比べ単価の安い豚肉は、投げ売りなどがなくとも安定的な需要が今後も続くとみられる。現在、不幸中の幸いでコロナにより人の移動が控えられたことから疾病リスクも大幅に減少しており、消費も堅調で一時の最悪期から脱したといっていいだろう。鶏肉も牛・豚肉同様、2月から増加に転じたが、4月の購入量は前年同月比3割以上の増加となった。外食はおろか、花見も自粛され、家庭で鶏肉を楽しむ消費者が増えたことがうかがえる。

◆行政・統計

牛豚鶏を輸出重点品目に選定、牛肉は25年までに輸出額5倍へ

牛豚鶏を輸出重点品目に選定、牛肉は25年までに輸出額5倍へ

 内閣官房は11月30日、菅総理や野上農水大臣ら関係閣僚を集め、官邸内で「第10回農林水産物・食品の輸出拡大のための輸入国規制への対応等に関する関係閣僚会議」を開催。「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略」を取りまとめ、輸出重点品目27品目や...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

スターゼンが東北地区アウトパック拠点、多賀城PC竣工

 スターゼンは、宮城県多賀城市にアウトパック拠点として多賀城PCを新設し25日、竣工した。食肉流通業界では、バックヤードの負担軽減や簡便ニーズの高まりに応じてアウトパック需要が拡大しており、国内で5拠点目のプロセスセンターとして設立したもの...
More
Return Top