食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

横浜市場ミートフェア、名誉賞は中村畜産がキロ単価1万円で落札

 横浜食肉市場(株)は11日、同市場内で第32回横浜食肉市場ミートフェア(共励会)を開催した。
 ことしは交雑種31頭(去勢12頭、雌19頭)、和牛126頭(去勢89頭、雌37頭)の計157頭が上場され、「和牛の部」名誉賞には(有)金子ファームの出品牛(去勢、A5、枝肉重720kg、BMS No.12)が輝き、キロあたり1万円で(株)中村畜産が落札した。「交雑種の部」最優秀賞には肉経協の長崎光吉さんの出品牛(雌、A5、606kg、BMS No.10)が選ばれ、キロあたり2,500円で(有)光暉食品が落札した。そのほかの主な上位入賞者は次のとおり(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

野上浩太郎農水大臣が就任会見「牛肉はさらなる輸出強化を」

 野上浩太郎・新農水大臣(写真)は17日、農水省に初登庁し、就任会見に臨んだ。 会見では冒頭、わが国の農林水産業について「国民に食料を安定的に供給するとともに、食品産業や関連産業とともに地域の経済を支えている。また、高品質な農林水産物は世界...
More

◆トレンド

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

[注意]ウイルスメールが食肉業界でも流行

 食肉業界、また関連業界でウイルスを含むメールの拡散が流行しています。取引先や社内の担当者を騙り、一見すると何ら問題ない文面でウイルスを含むWordデータや圧縮ファイルなどを添付して送るという手口です。過去のメールのやりとりに返信する形で送...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top