食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛マルキン、生産者負担金の納付猶予について引き続き延長

 農水省は10日、農林記者会で牛マルキンについて説明。生産局畜産部畜産企画課畜産経営安定対策室の香川仁志課長補佐が、変動する制度の運用について改めて解説するとともに、肉用牛肥育経営の資金繰り対策として実施している「生産者負担金の納付猶予」について、引き続き延長していく考えを示した。
 納付猶予はこれまで、4月末から9月末までと期間を定め、負担金の納付期限を迎えるすべての登録肉用牛を対象として、生産者負担金の納付猶予を行っていた。納付猶予はあとで納付する必要がなく実質免除であり、対象牛には国費分(4分の3)を交付。生産者積立金が枯渇しても、国費分は交付されている。一方、交付金単価の算定方法の運用改善については、5月支払分から標準的販売価格をブロック別算定とした見直しにより、5月支払分においてはすべての都道府県で発動し、交付金単価についてもすべての県で4月に比べて上昇。そうした中で、一部の県では枝肉単価が全国平均に比べてきわめて高い水準となっていることから、こうした県が含まれるブロックでは、標準的販売価格が大幅に高くなり、交付金単価がほかのブロックに比べて極端に低くなるという事態が生じていた。

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top