食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

牛マルキン、生産者負担金の納付猶予について引き続き延長

 農水省は10日、農林記者会で牛マルキンについて説明。生産局畜産部畜産企画課畜産経営安定対策室の香川仁志課長補佐が、変動する制度の運用について改めて解説するとともに、肉用牛肥育経営の資金繰り対策として実施している「生産者負担金の納付猶予」について、引き続き延長していく考えを示した。
 納付猶予はこれまで、4月末から9月末までと期間を定め、負担金の納付期限を迎えるすべての登録肉用牛を対象として、生産者負担金の納付猶予を行っていた。納付猶予はあとで納付する必要がなく実質免除であり、対象牛には国費分(4分の3)を交付。生産者積立金が枯渇しても、国費分は交付されている。一方、交付金単価の算定方法の運用改善については、5月支払分から標準的販売価格をブロック別算定とした見直しにより、5月支払分においてはすべての都道府県で発動し、交付金単価についてもすべての県で4月に比べて上昇。そうした中で、一部の県では枝肉単価が全国平均に比べてきわめて高い水準となっていることから、こうした県が含まれるブロックでは、標準的販売価格が大幅に高くなり、交付金単価がほかのブロックに比べて極端に低くなるという事態が生じていた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

豚の出荷頭数は増加基調、世界的にはASFなど疾病懸念続く

 例年、10月は大きなイベントなどもなく、出荷頭数が増加傾向となることから相場は下げ基調で推移することが多いが、ことしは量販店中心に内食需要が底堅いことに加え、GoToイートキャンペーンも開始され、ようやく外食業態にも人が戻りつつある。また...
More

◆国内外の団体

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

CSFワクチン接種東北に拡大、養豚協が種豚流通への影響調査

 一般(社)日本養豚協会(JPPA)は、CSFワクチン接種地域拡大に伴って種豚生産者に緊急アンケートを行い、集計結果をまとめた。8月31日に福島県がワクチン接種推奨地域となったことに伴い、種豚生産農場をもつ企業・個人生産者・試験場など62カ...
More

◆製品

More
Return Top