食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

日本食肉年鑑

新たに飼料用米と稲WCS給与の畜産物認証制度がスタート

 一般(社)日本草地畜産種子協会は、今年度から新たに飼料稲給与畜産物認証制度を開始した。国産の飼料用米や稲発酵粗飼料(稲ホールクロップサイレージ=稲WCS)を給与した家畜の飼養基準および、その家畜から生産される食肉などの生産基準を定めて認証するもの。飼料稲と飼料用米給与の畜産物を認証する制度は国内初。生産者などが認証を取得すれば商標登録した認証マーク(写真)を使用することが可能。さらに他の食肉などと区別して流通できる体制が確保されていれば、商品に認証マークを付与して消費者に販売することもできる。
 国産の飼料稲を給与した家畜の食肉や卵、牛乳・乳製品には、さまざまな飼料用米や稲WCSに由来する機能性成分などの有用な成分を含んでいることが知られている。具体的には、飼料用米を給与することでうまみ成分のグルタミン酸の増加、老化防止に効果があるといわれるビタミンEの増加、悪玉コレステロールの抑制効果があるとされるオレイン酸の増加、また稲WCSを牛に給与することでビタミンEが増加することが分かっている。
 新制度は、飼料稲給与畜産物がもつ、こうした機能性成分等の有用な成分に着目し、消費者に機能性に富んだ飼料用米や稲WCSを給与した畜産物を訴求し、飼料用米と稲WCS給与畜産物の消費を拡大。これにより飼料用米や稲WCSの生産拡大を通じ水田の有効活用や食料自給率の向上に寄与するとともに、飼料用米や稲WCSを給与する畜産経営の6次産業化などに資することを目的としている。

◆行政・統計

チルド輸入牛肉補助事業を改正、ロイン以外の補助単価30円に

チルド輸入牛肉補助事業を改正、ロイン以外の補助単価30円に

 農水省は13日、このほど取りまとめた農畜産業振興機構事業による、チルド輸入牛肉の冷凍保管を助成する「牛肉需給安定緊急対策事業」を改正。補助金額がキロあたり一律で100円だったものが、ロインに分類される牛肉をキロあたり100円、それ以外の牛...
More

◆トレンド

年末年始の東北地域の寒波・雪害、生産企業への影響は限定的

年末年始の東北地域の寒波・雪害、生産企業への影響は限定的

 ここ数年、暖冬傾向が続いていたが、ことしは年末年始にかけて強い寒波が到来。一部地域では大雪警報が出るなど生産・出荷への影響が懸念された。 そのため、食肉通信では東北地域の主な生産企業に聞き取り調査をしたところ、一部地域で積雪のため1〜2日...
More

◆国内外の団体

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

全肉連が22日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開

 11都府県で新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が再発令される中、家庭での食肉消費の需要喚起に向け、全国食肉事業協同組合連合会およびJA全農などは1月22日から2月11日まで「2月9日はお肉の日」キャンペーンを展開する。全肉連は、...
More

◆製品

多賀城PCとローマイヤ100周年、スターゼン横田専務が取組説明

多賀城PCとローマイヤ100周年、スターゼン横田専務が取組説明

 スターゼンの横田和彦専務取締役営業本部長(写真)は、新たに東北地区のアウトパック拠点として竣工した宮城県の多賀城PC、また来年100周年を迎える「ローマイヤ」ブランドについて、これまでの取り組みや今後の展開などを説明した。 多賀城PCは、...
More
Return Top