食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

日本ハムが口蹄疫抗原検出キットの開発で農林水産大臣賞

 日本ハムは12日、富士フイルム(株)と共同で取り組んだ「口蹄疫抗原検出イムノクロマトキットの開発と普及実用化」が、 令和2年度(第21回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」で農林水産大臣賞を受賞したことを発表した。同表彰は、農水省および公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会が共同で実施し、民間部門の農林水産研究開発に関して優れた功績をあげた者を表彰するもの。
 口蹄疫抗原検出イムノクロマトキットは、現場に簡単に持ち込め、使用法も簡易で目視だけで結果が得られる高感度化したイムノクロマト法による診断キット。動物用体外診断用医薬品として製造販売承認を取得し、2019年度から製造・販売を開始。同年9月に改定された「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」で、家畜防疫員が異常家畜の発生した現場で同キットを使用できる旨が記載された。これにより、日本各地の家畜保健衛生所や動物検疫所などに供給されている。
 同業績は、「イムノクロマト法の技術を背景に現場にも簡単に持ち込め、高感度でより正確な結果が得られるもので、甚大な被害をもたらす口蹄疫の初動防疫に大きく貢献するもの。同キットは国内で口蹄疫に関して唯一製造販売承認された検査キットであってすでに普及が進み、さらに海外でも利用が進めば、日本国内への侵入リスクを一層低減させることも可能である」と評価された。

◆行政・統計

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

宮崎県都農町で日向市に続き鳥インフル、香川県でも

 農水省は2日、宮崎県都農町の肉用鶏農場(約3万羽)でことし国産12例目の高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことを公表した。同県では日向市に次ぐ2例目の発生であり、すでに飼養鶏約3万羽を殺処分した。なお、日向市で確認された11例...
More

◆トレンド

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

12月後半は国産牛枝相場弱まるか—牛肉マーケット展望

 いよいよ年末商戦を控えた12月がやってくる。しかし、ことしの年末は経験したことがない例外的な年末を迎えており、この先の予測は誰にも分からない。食肉需要もこうした外的要因に加えて、行政による施策や事業者の思惑などが絡み、状況は複雑さを増して...
More

◆国内外の団体

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

JA全農長野共進会、安塚さん出品牛が最優秀賞、大国屋が購買

 JA全農長野県本部は1日、大阪市中央卸売市場南港市場で第73回共進会を開催。「信州プレミアム牛」をはじめとする、県内からえりすぐられた黒毛和牛48頭が出品され、厳正な審査の結果、安塚益雄さんの出品牛が最優秀賞を獲得した。 最優秀賞に輝いた...
More

◆製品

More
Return Top