食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

肉類摂取量1.4%減で5年ぶりダウン—令和元年健康・栄養調査

 厚労省がこのほど発表した令和元年「国民健康・栄養調査」の結果によると、食品群別摂取量で肉類の1人1日あたりの平均摂取量は男性が前年比3.5%減の118.4g(前年122.7g)、女性が0.9%増の89.2g(88.4g)、全体で1.4%減の103.0g(104.5g)となった。近年増加傾向にあり平成30年まで4年連続で伸びていたが、平成26年以来5年ぶりの減少となった。ただ、前年に乗せた100gの大台を維持。大きく伸びていたこれまでに比べ落ち着きはみられるが、女性は増加しており、今後を含め消費拡大のトレンドに変わりはないだろう。
 調査は、健康増進法に基づき、国民の身体の状況、栄養素等摂取量および生活習慣の状況を明らかにするもの。毎年行っており、今回は全国の2836世帯から回答を得て集計。食品群別摂取量を含む栄養摂取状況調査については、昨年11月中の日曜日・祝祭日を除く任意の1日の状況を調査し、計5865人の調査結果を解析した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top