食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

信州牛共進会、県知事賞に大川さん、5,500円で大国屋が購買

 マルイチ産商(平野敏樹社長)は、大信畜産工業(祖山儀春社長)、信州牛生産販売協議会(根橋博志会長)との共催で、第35回「信州牛共進会出品牛の枝肉せり販売会」を6日、長野県中野市の大信畜産工業中野本社工場で開催した。夏の見本市展示即売会と同様、新型コロナウイルスが猛威をふるう中だが、感染防止対策を最優先とした上で、歴史ある共進会の継続性と、なにより和牛の販売が極めて厳しい環境にある生産者を元気づけ、応援するために実施。
 長野県独自の脂肪交雑とオレイン酸含有率の基準を満たす「信州プレミアム牛肉」認定牛33頭を含む黒毛和種37頭(去勢24頭、雌13頭)が出品され、審査の結果、長野県知事賞に大川勇人さんの出品牛(去勢、A5、枝肉重量541.8kg、ロースしん面積85平方cm)が輝いた。受賞牛は激しいせり合いの結果、キロ単価5,500円で大国屋が購買した(左写真=大国屋の山本孝男社長〈左〉と根橋会長〈右〉)

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top