食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第22回京都食肉市場枝肉共進会(和牛の部)で(有)宝牧場がGC受賞

 京都食肉市場(株)は10日、京都市中央食肉市場で第22回京都食肉市場枝肉共進会(和牛の部)を開催した。全国各地から和牛95頭(雌48頭、去勢47頭)が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン(京都市長賞)には滋賀県の(有)宝牧場の出品牛(去勢、近江牛、格付A5、BMS No.12、枝肉重量648.8kg)が選ばれ、せりでは(株)阪神ミートがキロあたり3,885円で落札した。
 せりに先だちGCを受賞した宝牧場が表彰されたあと、京都食肉市場の駒井栄太郎社長が生産者、買参者に謝辞を述べ「新型コロナウイルスで大変な年となっている中、皆さまのおかげで95頭も上場することができた。われわれはコロナ対応とともにHACCP、輸出拡大にも取り組んできた。引き続き皆さまのご支援、ご協力をいただきながら市場運営に努めたい。本日の出品牛はいずれも生産者が手塩にかけ、磨き上げた肉牛。活気ある取引をお願いしたい」とあいさつ。GC以外の入賞牛出品者は次のとおり(格付はすべてA5、BMS No.12、性別は去勢)(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top