食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

[JSA20年12月]畜産品の売上高は既存8%増、全畜種好調

 日本スーパーマーケット協会(JSA、集計企業55社、4,876店舗)が22日にまとめた販売概況によると、2020年12月の食料品売上高は6,111億8,582万円(前年同月比5.4%増)、既存店ベースでは5,960億3,522万円(4.2%増)となった。12月は新型コロナ第3波が拡大し、11月下旬に政府が勝負の3週間と対策を呼びかけるも感染拡大は止められず、月末にかけて感染者数は過去最多を更新した。
 そのような中で、畜産品の売上高は全店ベースで818億4,749万円(9.3%増)、既存店ベースの売上高が797億5,718万円(8.0%増)となり、牛肉、豚肉、鶏肉、ひき肉の精肉すべてが好調だった。料理用途では気温の低下もあり、しゃぶしゃぶ肉が好調だった。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top