食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

ニチレイ「純和鶏」がITI「三ツ星」受賞、日本の鶏肉で初めて

 ニチレイフレッシュは22日、同社が養鶏・販売している「純和鶏」(じゅんわけい)が、昨年11月にベルギーで開催されたInternational Taste Institute(国際味覚審査機構、以下ITI)の審査会で、最高位の優秀味覚賞「三ツ星」を受賞したと発表した。日本の鶏肉が同審査で「三ツ星」を受賞したのは初めて。
 ITIでは、世界の1流シェフの中から厳選された審査グループによる目隠し方式で官能評価を実施。この官能評価で、今回出品した純和鶏のムネ肉は、総合評定100点中92.5点のハイスコアを獲得した。
 ITIは、ベルギーのブリュッセルに拠点を置き、世界中の食品・飲料品の味の評価および認定を行っている。審査員は、15のヨーロッパの調理師・ソムリエ協会所属の200人を超える著名なシェフとソムリエで構成。製品サンプルを匿名化することで先入観を回避し、厳正な目隠し方式で官能評価を実施する。なお、昨年は世界800社以上の食品・飲料品メーカーが「おいしさ」を追求するため出品し、総数1,510の製品がおいしさの認定「優秀味覚賞」を授与された。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top