食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

2020年の牛肉輸入実績、チルド、フローズンともに前年下回る

 先ごろ2020年12月の牛肉輸入通関実績が発表された。それにより、20年の年間牛肉輸入量がまとまった。20年の輸入牛肉需給は、日米貿易協定発効に伴う輸入増と、新型コロナウイルスによって外食と家庭消費の需要が左右されたことが特長としてあげられる。20年の輸入量はチルドが前年比4.9%減の26万1,510t、フローズンが0.5%減の33万8,884tとなり、全体では2.4%減の60万394tとなった。
 上半期をみると、チルドの前半は日米貿易協定発効に伴い輸入増で推移。新型コロナウイルスの影響で家庭消費の需要が高まったことからも増加傾向となった。半面、5月以降は海外パッカーの従業員にコロナの感染者が出たことで稼働を停止する工場も出ており、全体の生産量が減少するなどの影響が出るとともに、日本向けの規格は特別なカットのものがあり、その点でも十分な輸入量を確保することがむずかしかった。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top