食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

2020年の牛肉輸入実績、チルド、フローズンともに前年下回る

 先ごろ2020年12月の牛肉輸入通関実績が発表された。それにより、20年の年間牛肉輸入量がまとまった。20年の輸入牛肉需給は、日米貿易協定発効に伴う輸入増と、新型コロナウイルスによって外食と家庭消費の需要が左右されたことが特長としてあげられる。20年の輸入量はチルドが前年比4.9%減の26万1,510t、フローズンが0.5%減の33万8,884tとなり、全体では2.4%減の60万394tとなった。
 上半期をみると、チルドの前半は日米貿易協定発効に伴い輸入増で推移。新型コロナウイルスの影響で家庭消費の需要が高まったことからも増加傾向となった。半面、5月以降は海外パッカーの従業員にコロナの感染者が出たことで稼働を停止する工場も出ており、全体の生産量が減少するなどの影響が出るとともに、日本向けの規格は特別なカットのものがあり、その点でも十分な輸入量を確保することがむずかしかった。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top