食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全日本豚枝コンが大阪市場で開催、日吉ファームが4度目の名誉賞

 第61回農林水産祭参加表彰行事第9回全日本豚枝肉コンクールが3日、大阪市中央卸売市場南港市場で開催された。雌91頭、去勢59頭の計150頭が出品され、このうち名誉賞・農林水産大臣賞には京都府の(有)日吉ファーム出品豚を選出。同コンクールでの同社の名誉賞受賞は4度目となる。その後のせりで、受賞豚はキロあたり2,016円の最高値で大阪の食肉卸(株)ミートプラザタカノに落札された。主催は一般(社)大阪府畜産会、大阪市、大阪市食肉市場(株)、後援は大阪府。
 出品者は、とよさ(三重県)、蔵尾ポーク(滋賀県)、日吉ファーム(京都府)、上田養豚場(奈良県)、桝本養豚場(同)、村田商店(同)、丸永(兵庫県)協和養豚(岡山県)、岡山JA畜産(同)、八誠商会(広島県)の10農家。格付は「上」78頭、「中」60頭、「並」11頭、「等外」1頭。うち大阪市場が高品質の豚肉を選出する「大阪南港プレミアムポーク」には4頭が認定された。
 名誉賞を受賞した日吉ファームはおよそ1万頭を飼養。この4月に第2養豚場を稼働するなど規模拡大を進めている。出荷先は大阪市場のほか、京都市中央卸売市場第二市場、西宮食肉地方卸売市場。「京都ポーク」として販売するほか、自社ブランド「京丹波高原豚」としても販売している。市場を訪れ受賞豚を確認した日吉ファームの藤堂祐士専務は「4度受賞させていただき、品質が安定していることの証明になった。高い評価をいただいたら従業員のモチベーションにもつながる」と受賞を喜んだ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

鶏肉マーケット Xマス控え相場高、リベンジ消費の追い風

 東京の食品スーパー、アキダイの秋葉弘道社長がテレビのニュースでぼやいていた。「クリスマス用にタイ産のチキンレッグを仕入れようとしたら、問屋にことしは無理といわれた」と。 もっとも秋葉社長は、夏の天候不順で野菜が値上がりすればインタビューを...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

日本ハムが羊肉セミナー、ブランディングやラムの魅力を紹介

 日本ハムは19日、東京都港区のプルマン東京田町で羊肉セミナーを開催。現地会場、オンラインを合わせて50人以上が参加した。セミナーにはMLA豪州食肉家畜生産者事業団の三橋一法ディベロップメントマネジャー、日本ハム食肉事業本部食肉マーケティン...
More
Return Top