食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

日本ハムが日本初の食物アレルギーケア総合プラットフォーム

 日本ハムは、食の多様化に対応する新サービス「Table for All」を立ち上げた。その第1弾として17日から、食品業界で日本初となる食物アレルギーの総合プラットフォーム「Table for All 食物アレルギーケア」の提供をWEBサイト上(https://www.food-allergy.jp)で開始している。食物アレルギー管理栄養士による無料オンライン栄養相談や食物アレルギーに関する役立ち情報をワンストップ提供する。今後も、食物アレルギー対応商品の販売などサービスの充実を図っていく予定。
 同社グループは、社会環境やライフスタイルの変化に対応して人びとの毎日の幸せな食生活を支えることを目ざし、21年3月「Vision2030」を策定した。その一環として「みんなの食べたいによりそう。」というコンセプトを掲げた新ブランド「Table for All」を立ち上げた。食物アレルギー対応を含む「食の多様化と健康への対応」は、「Vision2030」で優先的に解決すべき社会課題として特定した「五つのマテリアリティー」のうちの一つ。食物アレルギーは、乳幼児期に最も多く、日本では乳児で約10人に1人、幼児は20人に1人がり患しており、世界でも多くの報告が有症率の増加を示す深刻な社会課題となっている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top