食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

米国牛肉SG、TPP基準を発動水準として導入などで実質合意

 農水省は24日、日米貿易協定に基づく牛肉セーフガードについての概要を公表した(資料13面参照)。日米貿易協定においては、このセーフガードが発動した場合は、発動水準をより高いものに調整するための協議を開始するとしており、昨年3月に2020年度の米国からの牛肉輸入量が発動水準を超えたことから、同年3月25日から日米協議を開始してきた。
 今回の協議は発動水準を引き上げるという観点からの協議であったが「発動水準の大幅な引き上げを求める米国に対し、引き上げについてはTPPの範囲内でないと認めることができない」とし、交渉を続けてきた。結果として、米国とTPP11の締約国からの合計輸入量に着目をし、CPTPPの発動水準を超える場合に発動する仕組みを新たに導入することで合意に至った。米国単独の輸入量ではなく、全体の牛肉輸入が国内に与える影響という観点からセーフガードを発動するということでこの効果的な発動が可能となる。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top