カンボジア家禽肉、日本で流通するものは輸出検疫証明書交付に

 動物検疫所は1月31日、カンボジア向け家禽肉および家禽由来製品のうち、日本国内で流通しているものへ輸出検疫証明書を交付する。今後鳥インフルエンザが国内で発生した場合でも、日本国内で流通している同国向け家禽肉などについては、継続して輸出検疫証明書を交付する。具体的には制限区域となっているところについてのみ、輸出不可。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする