米国でH7N9亜型のHPAIおよびLPAIの発生を確認

 この冬、鳥インフルエンザ(AI)は、世界各地で猛威を振るっており、日本でも多く発生している。米国では、ことしに入ってから2月末までAIの発生はなかったが、3月4日および16日に、テネシー州リンカーン郡でH7N9亜型の高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生が確認された。また、テネシー州では、3月9日に同亜型の低病原性鳥インフルエンザ(LPAI)の発生も確認された。
 同亜型のAIの発生は、3月16日以降、隣接するアラバマ州、ケンタッキー州、ジョージア州でも確認された。3月6日にウィスコンシン州で確認されたH5N2亜型のLPAIを合わせると、ことしに入ってから3月30日までに12例のAIの発生が確認されている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする