USMEFがアメリカン・ビーフのウデ、モモ活用セミナーを開催

 米国食肉輸出連合会(USMEF)は8日、精肉バイヤーなどに向けたアメリカン・ビーフ「売れる!儲かる!チャック&ラウンド活用術」と題したセミナーを東京・品川区の中央化学(株)東京オフィス・ショールームで開催。セミナーには約70人が参加した。
 はじめに主催者を代表してUSMEF本部アシスタントバイスプレジデントのグレッグ・ヘインズ氏(写真)、さらに今回の会場を提供した中央化学(株)の水野和也社長があいさつ。ヘインズ氏は「日本でのアメリカン・ビーフの輸入量は伸びており、1〜3月の累計で5万3千tと昨年比で43%増加した。とくにチルドは昨年比67%と大幅に増加している。本日のセミナーではアメリカン・ビーフのウデ、モモに関する商品化を提案させていただくが、牛肉の原料を販売する立場にとって、より多くの種類の部位を利用していただくことは非常に好ましいことだ」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする