食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

神戸ミートフェア共励会、川西さん出品最優秀牛を帝神畜産購買

 2017神戸ミートフェア神戸市牛枝肉共励会が8日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。但馬牛、神戸ビーフ35頭(雌6頭、去勢29頭)が出品され、このうち最優秀賞には川西潔さん出品の去勢牛が受賞。川西さんは2年連続の受賞となる。その後のせりで同牛はキロあたり4,765円の最高値で神戸の食肉卸の(株)帝神畜産に購買された。川西さんは伝統ある「兵庫県畜産共進会」での名誉賞受賞など、数々の受賞歴がある但馬牛肥育の名人として知られ、本紙のインタビューに対し、今回は生体審査のため神戸ビーフの規定にある枝肉重量制限外での出品が可能だったことから「大きな肉牛だったので、この共励会に定めて育てた。しっかりした牛をそろえたつもりだったので悪くないとは思ったが、最優秀賞という結果になって良かった」とコメント。「3年連続の受賞を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top