流通システム協が総会、沓澤会長引退し幹事企業らによる運営に

 食肉流通標準化システム協議会は24日、東京・港区の流通システム開発センターで定時総会ならびに平成29年度第1回全体会を開催した。総会では規定改定など提出議案を原案どおり承認。これにより、流通システム協議会の運営などは役員体制から、会員(事務局)の推薦により選出された幹事企業らに移行された。
 今年度も、食肉の加工・保管・販売・配送に関連するシステムの標準化事項について技術動向の把握に努め、標準化(案)の策定を行っていく。また、他団体から標準化事項の検討要請があった場合には、併せて検討を行うほか、同協議会の活動を周知するため、広報の強化を図る。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み