食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

流通システム協が総会、沓澤会長引退し幹事企業らによる運営に

 食肉流通標準化システム協議会は24日、東京・港区の流通システム開発センターで定時総会ならびに平成29年度第1回全体会を開催した。総会では規定改定など提出議案を原案どおり承認。これにより、流通システム協議会の運営などは役員体制から、会員(事務局)の推薦により選出された幹事企業らに移行された。
 今年度も、食肉の加工・保管・販売・配送に関連するシステムの標準化事項について技術動向の把握に努め、標準化(案)の策定を行っていく。また、他団体から標準化事項の検討要請があった場合には、併せて検討を行うほか、同協議会の活動を周知するため、広報の強化を図る。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top