食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

肉事協が総代会開く、常勤・常務理事設け白川一雄氏新任

 全国肉牛事業協同組合(山氏徹理事長)は24日、東京・平河町の都市センターホテルで、平成29年度通常総代会を開き、28年度事業報告や29年度事業計画などの議案を原案どおり承認した。また、組合業務拡大などに対応するため、常勤役員体制を強化。常勤役員を現行の2人体制(理事長、専務)から増員して、3人体制(理事長、専務、常務)とするため、定款を一部変更した。その上で役員定数増加に伴う補充選任を行い、新たに常勤の常務理事に同組合参与の白川一雄氏を選任した。白川氏は元経産省(中小企業庁)職員で、昨年6月に同省を退職し、肉事協参与を務めていた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top