開拓振興協会が「開拓畜産・酪農生産基盤強化事業」に乗り出す

 公益(社)全国開拓振興協会は平成29年度から3カ年事業で「開拓畜産・酪農生産基盤強化事業」に乗り出した。16日の事業説明会では畜産・酪農経営を行う開拓者が、生産基盤の維持・拡大を図るため、家畜などを生産・導入する場合に費用の助成を実施する旨を報告。具体的には(1)乳用種後継牛生産奨励事業(2)肥育向初生牛導入事業(3)繁殖和牛導入事業(4)繁殖豚導入事業(5)生産環境改善支援事業の5事業からなる。事業費は3カ年事業で総額3億3千万円を限度とし、29年度は1億3千万円。事業の公正性を確保するため審査委員会を設置する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする