食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

[輸入検疫・6月]牛肉は前年比3.8%増の5万7,728t

 動物検疫所が18日に公表した6月の輸入畜産物検疫数量速報をみると、肉類全体の検疫数量は26万392t(前年比5.6%増)となった。第一四半期冷凍牛肉のSG発動が懸念されているが、牛肉は5万7,728t(3.8%増)だった。検疫量だけでは判断できないが、前月、前々月を振り返ると、5月牛肉検疫量は5万2,663tで5月の冷凍牛肉通関量が3万3,837t、4月牛肉検疫量5万6,108tで4月の冷凍牛肉通関量が2万8,599tとなっており、仮に6月の冷凍牛肉通関量が2万6,704tを超えることになれば、第一四半期トリガー数量を上回りSG発動となる。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top