食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

2017近江牛グランプリ枝共、GCは元三フードが5年連続購買

 滋賀県全土から各団体・地域の枠を越え、上質な近江牛を集めた「2017近江牛グランプリ枝肉共進会」が13日、(株)滋賀食肉市場(望月常司社長)で開催された。出品された近江牛58頭の中から、高井和紀さんの出品牛が栄えあるグランドチャンピオン(GC)を獲得。枝肉せりで元三フード(株)がキロあたり6,505円で落札した。
 出品牛(雌26頭、去勢32頭)の平均枝肉重量は雌496.8kg、去勢546.8kg。格付は全体の79.3%が肉質5等級で、BMS No.12が13頭、 No.11が6頭、 No.10が7頭と「近江牛グランプリ」の冠にふさわしいハイレベルな近江牛がそろった。
 GC枝肉は父牛「安福久」、母父「忠富士」、2代祖「福桜(宮崎)」の雌。枝肉重量528kg、BMS No.12、ロース芯面積が109平方cm、バラ厚が8.1cmでA5等級。審査講評でも「脂肪質が良く、厚みのある枝肉で筋間脂肪のむだもなく、ロースはもとより、キメ、締まりにも優れており、満場一致でGCにふさわしいとされた」と称賛を受けた。出品した高井和紀さんは近江八幡市大中で黒毛和牛約120頭を繁殖・肥育一貫で飼養する生産者。同共進会では初受賞。「最後まで食い込みが落ちず、ある程度手ごたえはあったがGCが獲れるとは。これからの仕事に大きな励みになる」と喜びを語った。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top