食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

[輸入検疫・6月]牛肉は前年比3.8%増の5万7,728t

 動物検疫所が18日に公表した6月の輸入畜産物検疫数量速報をみると、肉類全体の検疫数量は26万392t(前年比5.6%増)となった。第一四半期冷凍牛肉のSG発動が懸念されているが、牛肉は5万7,728t(3.8%増)だった。検疫量だけでは判断できないが、前月、前々月を振り返ると、5月牛肉検疫量は5万2,663tで5月の冷凍牛肉通関量が3万3,837t、4月牛肉検疫量5万6,108tで4月の冷凍牛肉通関量が2万8,599tとなっており、仮に6月の冷凍牛肉通関量が2万6,704tを超えることになれば、第一四半期トリガー数量を上回りSG発動となる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top