食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

[輸入検疫・6月]牛肉は前年比3.8%増の5万7,728t

 動物検疫所が18日に公表した6月の輸入畜産物検疫数量速報をみると、肉類全体の検疫数量は26万392t(前年比5.6%増)となった。第一四半期冷凍牛肉のSG発動が懸念されているが、牛肉は5万7,728t(3.8%増)だった。検疫量だけでは判断できないが、前月、前々月を振り返ると、5月牛肉検疫量は5万2,663tで5月の冷凍牛肉通関量が3万3,837t、4月牛肉検疫量5万6,108tで4月の冷凍牛肉通関量が2万8,599tとなっており、仮に6月の冷凍牛肉通関量が2万6,704tを超えることになれば、第一四半期トリガー数量を上回りSG発動となる。

◆行政・統計

More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top