食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

全肉連が国産食肉理解醸成食育推進事業開始、専門委初会合開く

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、JRA(日本中央競馬会)の助成を受け、今年度から新たに「国産食肉理解醸成食育推進事業」を実施。業界関係者や有識者による第1回事業推進専門委員会を14日、都内で開き、同事業をスタートさせた。事業は、近年の食生活をめぐる環境の変化に対し、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むとともに、日本の畜産、とくに重要なたんぱく供給源である国内食肉産業に対する理解や信頼を高めることにより、国産食肉の消費拡大を図るもの。とくにわが国の恵まれた食料事情から、安全な食肉が手軽に手に入ることを当然とする風潮の中、「どのようにして家畜が生まれ、育てられ、そして食肉として食卓に届くまで」の過程に併せ、国産食肉の安全性、健康面の効用などに関する理解醸成を図る資料・教材を作成するとともに、出前講座・研修会、食育料理セミナー、体験交流会などを実施。これらを通じて、学童はもとより一般消費者の理解、さらに「命の大切さ」「命をいただくことの大切さ」等の情操を高めることにより、安全・安心な日本の畜産、とりわけ食肉生産の理解の醸成と国産食肉の需要拡大に資する。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top