28年の食肉加工品地域別生産量と生産集中度の推移

 昨年の食肉加工品の生産数量は平成21年以降、8年連続50万t台を維持したが、WHO報道の影響もあり前年をわずかに下回った。品目別生産数量は、ハム類10万4,951t(前年比0.1%増)、プレスハム類3万1,839t(2.5%減)、ベーコン類9万1708t(3.6%増)、ソーセージ類31万344t(1.2%増)。一方、輸入量はハム・ベーコン類が8,908t(11.8%減)、ソーセージ類が3万4,116t(19.3%減)、輸入量全体で4万3,024t(17.7%減)で国内消費量の9%を占めた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする