食肉流通センター賀詞交歓会、小林理事長「流通施設の計画的な更新を」

 公益(財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)および同センター卸事業協組・川崎冷蔵事業協組(鶉橋誠一理事長)は9日、同センター内で賀詞交歓会を開催。食肉関係者多数が参集した。
 主催者の小林理事長は冒頭、年号が来年から変わることに触れ平成を振り返りつつ「畜産分野は、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザなど大きな波が発生したが、その都度乗り越え、国民経済の中で大きな分野を確立してきた。当センターについては、昨年から部分肉の価格公表をより客観的なものに変更した。また、流通施設の貸付事業は施設の老朽化が懸念されており、今後の計画的な更新が課題となっている。本年も業務内容をより良く見直し、畜産業界に貢献できるよう努めていきたい」とあいさつした。
 次いで、同じく主催者である鶉橋理事長が「ことしは平成30年であり、来年には年号が変わる。時代が変わる時期であり、新しい出来事、産業、商品、機械など、第4次産業革命になるのではないかと思う。食肉の消費も順調であり、国産の牛・豚が増加しておいしい食肉が流通されることを願う」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み