29年格付は牛と畜の85%、豚76%で実施、和牛高品質化強まる


 公益(社)日本食肉格付協会がまとめた平成29年次の牛・豚肉格付実績(食肉速報の資料面参照)によると、牛の格付頭数は88万8,802頭(前年比0.2%減)となり、全国と畜頭数(本紙試算104万5,376頭)に占める割合は85.0%(前年84.7%)で0.3ポイント上昇した。と畜頭数と同様に格付頭数も前年から微減となったが、格付割合はわずかながら上回った。豚も昨年はと畜頭数が微減となる中、格付頭数も1,235万2,864.5頭(前年比0.5%減)とわずかに減少し、全国と畜頭数(1,633万6,410頭)に対する割合は75.6%(前年75.7%)で0.1ポイント減、ほぼ前年並みとなった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み