食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

29年格付は牛と畜の85%、豚76%で実施、和牛高品質化強まる


 公益(社)日本食肉格付協会がまとめた平成29年次の牛・豚肉格付実績(食肉速報の資料面参照)によると、牛の格付頭数は88万8,802頭(前年比0.2%減)となり、全国と畜頭数(本紙試算104万5,376頭)に占める割合は85.0%(前年84.7%)で0.3ポイント上昇した。と畜頭数と同様に格付頭数も前年から微減となったが、格付割合はわずかながら上回った。豚も昨年はと畜頭数が微減となる中、格付頭数も1,235万2,864.5頭(前年比0.5%減)とわずかに減少し、全国と畜頭数(1,633万6,410頭)に対する割合は75.6%(前年75.7%)で0.1ポイント減、ほぼ前年並みとなった。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top