食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食肉産業展2018が盛大に開幕、13日まで展示やセミナーなど目白押し


 食肉業界における唯一かつ最大の専門展示会である「第43回食肉産業展2018」が11日、東京ビッグサイト4ホールで盛大に開幕した。「ファベックス」などとの7展合同開催で13日までの3日間行われる。国内最大級の業務用食品・食材、機器、容器の総合見本市として、食品関係バイヤー7万8千人の来場を見込んでいる。食肉産業展のことしのテーマは「〜未来へ進め!にっぽん力〜」で、食肉関連業者・団体による魅力あふれる展示ブースや、イベントとして豚・鶏肉の銘柄食肉コンテストやウインナーソーセージ試食展示会を行うほか、会場内セミナーも各種開催される。当日は開場前から多数の来場者が詰めかけた。
 開会式では主催者を代表し関川和孝・食肉産業展実行委員長(公益財団法人日本食肉生産技術開発センター理事長)が、国際化が進む中で日本の畜産、食肉産業を維持・拡大していくには安全・安心の食肉生産を行うとともにおいしさ、品質をさらに高めて消費者の信頼を得ていく必要があるとし、そのために食肉産業展の展示やセミナーの意義を強調。「食肉産業展が関係者にとり、交流の場、情報交換の場、商談の場となり、明日の食肉産業の発展につながることを祈念する」とあいさつした。

◆行政・統計

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承

 自民党の農林部会合同会議が12日、党内で開かれ、家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案の条文案、家畜改良増殖法の一部を改正する法律案および家畜遺伝資源に関する不正競争の防止に関する法律案の骨子案が了承された。今後、党内手続きを経て、国会で...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top