食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

豚・鶏銘柄食肉好感度コンテスト開始、ウインナー試食展示会も


 第43回(2018年)食肉産業展が11日、東京ビッグサイトで開幕し、恒例の人気イベントである「銘柄食肉好感度コンテスト」もスタートした。ことしは豚10銘柄、鶏8銘柄の多彩な銘柄が一堂に会し、来場者はそれぞれの食肉をテイスティングできる。試食審査を通して自分の好みで入賞銘柄食肉を決定できる楽しさも盛り込まれている。出品者は販路拡大に目を向けており、来場者には新たな商材の発掘の場としても注目している。
 今回は、初の試みで「ウインナーソーセージ試食展示会も開催。健康志向や食シーンへの適正など多様なコンセプトをもつ商品がある中、市場ではどのようなタイプのソーセージが求められているのか、市場傾向を来場者による試食で調査するとともに、全国から集った8銘柄を紹介している。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top