畜産GAP情勢とフリーデンの先進事例紹介—食肉産業展セミナー


 第43回食肉産業展2018(東京ビッグサイトで開催)の食肉情報セミナーで11日、農水省畜産振興課課長補佐の珠玖知志氏が「畜産GAPをめぐる情勢」、(株)フリーデン生販企画室の八日市屋敏之氏が「畜産GAPをめぐる実例紹介(フリーデンにおけるJGAP取組事例)」と題し講演を行った。
 この中で珠玖氏は、GAP(農業生産工程管理)導入の必要性について「農家が安定した経営を続けるため、信頼性の確保、環境への配慮、事故防止などの対策が重要。とくに輸出への取り組み、東京オリンピック・パラリンピックへの食材供給など、海外対応の上でもGAPの取り組みが必要となってきている。国内流通でも、農産物ではすでに一部の大手流通チェーンがGAPの取り組みを求めており、東京オリパラを機にさらに加速する可能性がある」と指摘。東京五輪での持続可能性に配慮した畜産物の調達基準、JGAP家畜・畜産物認証の概要や現状などを説明した

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み