食鳥協「春の国産チキンまつり」、銘柄鶏・地鶏でおいしさPR


 一般(社)日本食鳥協会(佐藤実会長)主催「春の国産チキンまつり2018 IN築地」が4月28日、東京・中央区の築地魚河岸小田原棟3階「魚河岸スタジオ」前で開催され、全国から「錦爽 名古屋コーチン」(愛知)、「阿波尾鶏」(徳島)、「はかた地どり」(福岡)、「奥州いわいどり」(岩手)の四つの銘柄鶏・地鶏が出店し、国産チキンのおいしさと安全・安心をPRした。国産の地鶏、銘柄鶏のブランドが一堂に会し、さまざまな調理方法でそのおいしさを堪能してもらう食物販イベントを行ったもの。
 当日は「名古屋コーチン鶏すき」「阿波尾鶏ローストレッグ、クリスピーチキン」「はかた地どり炭火焼き」「奥州いわいどり からあげ」を、1品500円(あるいは1千円)の廉価で提供。協会ブースもあり、鶏肉の栄養や健康機能性を紹介するパンフなどを配布した。各店で料理を買うとスタンプが押され、4店すべてを集めた人に抽選で景品をプレゼントするスタンプラリーも実施。築地に来ている観光客や親子連れなどで賑わった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み